令和4年5月21日(

新 住職就任晋山式  前 住 職 退 任 式

 

清水大師寺 晋山式にともなう

「令和の大修理」ご寄進について

清水大師寺では令和元年より、新住職就任「晋山式」にむけ、

前住職の時代より参詣者の皆さまに利用していただいてきた堂内、施設等の修繕、改修を行うべく、

「令和の大修理」としてご寄進を募っております。

山陰屈指の真言密教道場、また、女性加護発展、県内屈指の観光要所となる絶景寺院として、

老若男女問わずさまざまなベクトルをもって清水大師寺を訪ねていただけるよう、

100年先の未来へ持続継続してあり続ける寺院として邁進して参りたいと思っております。

檀家さまが四軒という中で、

清水大師寺が本当に大好きだ!と思って下さる多くの皆さまに、

個々それぞれにあった方法にてご寄進をいただいて参りました。

今後も晋山式・退任式に向けご寄進を募っておりますので、

清水大師寺さん、頑張ってね!応援しているよ!というお気持ちをいただけますようであれば、

下記のご案内より清水大師寺へのご寄進を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

「令和の大修理」ご寄進ついて

台風被害からの復興の記録

令和3年8月9日、「台風9号」による突風により、

2年の歳月をかけ、

多くの皆さまのお志により大改築した玄関、お手洗いスペースの屋根が吹き飛び、

天井は全て崩落をし床面は水浸しとなりました。

寺内一同、大変なショックを受け落胆の中にありましたが、

このことを聞きつけた県内外、国外、清水大師寺とご縁いただいた皆さまより、

復興義援のお力添えをいただき、各専門の職人さまの迅速なお仕事により、

無事復興を果たすことができました。

また、清水大師寺へ参詣の皆さま、

お寺カフェ、宿坊をご利用いただくお客さまを気持ちよくお迎えさせていただけることができ、

寺内一同心より感謝をいたしております。

宗教も宗派も隔てず

誰もが「祈り」「俯瞰し」「過ごせる」

それが清水大師寺(しみずだいしじ)というお寺です

~美肌県しまね 美肌たび 研究日記~

島根県観光連盟

しまね観光ナビ 温泉津編

温泉津の町を見守り続ける山寺「清水大師寺」でご紹介いただきました

高野山真言宗 堂床山 清水大師寺

島根県の中央 世界遺産の町 大田市 温泉津町(ゆのつちょう)。
かつて石見銀山の銀を北前船で世界へと送り出した、

温泉津の港、日本海を一望できる地に清水大師寺は建立されています。

 

 


私に帰る旅

清水大師寺 お寺リトリート(Temple Retreat) Movie

Videographer :Mika Yamashita( https://womensmovie.localinfo.jp/)
model/モデル: Yoko Miyazato

祈る

真言宗清水大師寺では、祈願/祈祷からご供養まで宗派問わず行っております


お寺カフェ

宗教、宗派を問わず多機能な場として多くの人に開かれた寺院を目指し、庫裡(くり)の一部を解放してスタートしました。
仏教徒だけではない、神道、キリスト教、イスラム教など他宗教の方々が清水大師お寺カフェ企画のイベントなどを通してライブや公演などを開催して下さっています。

体験

清水大師寺では写経などの体験や宿坊などの宿泊に加え、オリジナルのお寺リトリートなど様々な体験を行っております


仏前結婚式

近年は様々な方法で結婚式を挙げられるカップルも増えて参りました。

その中でも「仏式による結婚式」もなかなか素敵なものです。

神前、仏前とは申しますが、勿論、仏前結婚式もございます。

 

 

 

 



縁起/年中行事/霊場

縁起/年中行事


『縁起』

弘仁3年(812)弘法大師が全国を行脚中にこの地を訪れ、堂床山麓に一字を建立し観世音菩薩を勧請したのが清水大師寺の始まりとされる。               

弘法大師は、寺の付近の人々に柿の木のを、現在でいう果実として栽培する方法を教えた。植樹として実った柿は「弘法柿」(現在は「清水柿」と呼ばれる)として里の人々を大変喜ばせた。
その後、正安3年(1301)に至り、石見銀山争奪戦の犠牲者の霊を弔うため、勝尊法師が一堂を建立したと伝えられている。
降って、天文11年(1542)、銀山史にも残る大きな大災害が起こり、堂床山が崩壊流出し、清水大師寺の建物も消失してしまった。その後、疫病が蔓延し、時の庄屋 石原安左ヱ門が四国88ヶ所めぐりをして後、お堂を再建して以来、山陰屈指の弘法大師霊場、女性に霊剣あらたかなおかげのある寺院として県内外を問わず参詣者が多い。

 

『年中行事』

 1月中     新春祈祷

 2月 3日   開運厄除『星まつり護摩供養』
 3月21日   春彼岸「弘法大師御影供養法要」

 5月 5日   三瓶大平山『こととい地蔵尊倍増供養法会』
 6月15日   弘法大師御誕生祭『青葉まつり』
 8月 4日   お盆『大施餓鬼法会』
 9月21日   秋彼岸『弘法大師縁日法要』
10月祝日   ~勝負の神~『馬頭観音威光倍増の法会』
12月21日   しまい大師法要
◆その他◆
毎月第4土曜日  密教最高修法『護摩祈祷』(14:00~)
毎月21日弘法大師縁日法要(10:00~)    

境内/霊場


【境内】
石見堂床山におおよそ1万坪という敷地内に建立されたお寺。
細い道をクネクネと上ってそこに開けた景観は・・・圧巻です。
眼下一面に広がる日本海。空と海と山と。遙か昔、石見銀山からの銀を運び出したいで湯と港の町「温泉津(ゆのつ)」をスッポリと望むことができます。
夜には一面漁り火が灯り、夕日の名所としてカメラ愛好家に親しまれています。
◆本堂◆
清水大師寺本尊「大日如来」(胎蔵界)
ささやきの阿弥陀如来
みかえり延命地蔵尊(中国地蔵尊霊場第21番札所)
弘法大師像

◆大師堂◆
清水の弘法大師・観世音菩薩・毘沙門天・不動明王・愛染明王・十三仏・
大黒天・恵比須天・弁財天・丹生都比売命・五社権現
◇空海の手形(秘宝)◇両界曼荼羅(秘宝)
※◇は大法会、祈念法会等々にて御開帳する場合あり

◆諸堂◆
◇馬頭観世音菩薩お堂◇薬師堂◇四十九藥師お山めぐり◇鐘撞き堂
◇淡島神(四十九薬師堂山門隣)

【霊場】
『石見曼荼羅観音霊場』
◆第31番札所(清水大師寺)
◆客番札所  (快算院 普門寺)

 

『中国地蔵尊霊場』

◆第21番札所(清水大師寺/みかえり延命地蔵尊)
 
※石見霊場・中国地蔵尊霊場の巡拝や用品等については、気兼ねなくお問い合わせ下さい♪
《納経料》
納経帳300円/白衣200円/掛け軸/500円/念珠玉300円
《納経帳》
石見霊場納経帳2,500円/中国地蔵尊霊場納経帳2,500円



スケジュール

 

真言宗 

清水大師寺

〒699-2511

 

島根県大田市温泉津町小浜イ408 

TEL:0855-65-3000 /FAX:0855-65-2383

 

Email